運動不足は内臓脂肪を増やす!

運動不足は内臓脂肪を増やす!

内臓脂肪が増える原因は「食事」と「運動」のバランス!

 

内臓脂肪が増える大きな原因は食事にあります。具体的に言うと、「食事から摂取するカロリーと消費するカロリーとのバランス」です。もっと具体的に言えば、食事量と運動量とのバランスとなります。内臓脂肪となってしまうのは、食事から摂取したカロリーが運動などで消費するカロリーよりも常に上回ってしまう状態だと、摂取カロリーをすべて消費し切れないので、余ったカロリーが脂肪に合成されて体内に蓄積されることで内臓脂肪となるのです。

 

そのことから、内臓脂肪を体内にためないようにするためには、消費するカロリー量が常に食事から摂るカロリー量よりも上回るようにしてやればよいのです。そのためには、まず食事から摂るカロリーをコントロールすることになります。そして、なるべくカロリーを消費できるような生活や体質にすれば、内臓脂肪はたまらなくなりますし、すでに体内に蓄積されてしまった内臓脂肪も減らすことができます。

 

内臓脂肪がたまり難いからだとは?

 

内臓脂肪がたまり難いからだとは、すでに指摘したように日常生活においてたくさんのカロリーを消費できるようなからだにすることです。たとえば、定期的にウォーキングやジョギングに取り組む、週に最低1日くらいは汗をしっかりかけるような運動をする、エアロビクスやヨガ教室に通う、などなど、つまるところしっかりからだを動かして汗をかくような運動を習慣にすることなのです。

 

それゆえ、「運動不足」は内臓脂肪の原因になってしまうと言ってよいのです。そして、定期的に運動をすれば、あまり動かなくてもカロリーをエネルギーに変換して消費できる基礎代謝機能の高いからだとなります。一方で、運動不足だと、摂取したカロリーを消費できる機会がないので、基礎代謝機能で使う最低限のカロリー消費しかできなくなるので必然的に食事から摂ったカロリーは、余り気味となって余ったカロリーは脂肪に合成されてどんどん体内に内臓脂肪として蓄積されてしまいます。

 

内臓脂肪対策の運動はなにがオススメ?

 

食事から摂取したカロリーはエネルギーに変えて燃焼させるのが一番よい方法となります。また、からだにたまった内臓脂肪は「燃え易い」といった性質があるので、運動をして積極的に脂肪を燃やせば内臓脂肪は減ります。

 

一方、脂肪を燃やす!カロリーをエネルギーに変化して燃やす!…と考えると、どうしても「かなり激しいトレーニングや運動をしないと無理だろう…」と思い込んでしまって、運動するのに二の足を踏んでしまう方も多いと思います。しかし、内臓脂肪がつかないようにする、あるいは内臓脂肪を減らすための運動は、なにも激しい運動やトレーニングをする必要ないのです。運動不足を解消できるような運動でもOKなのです。

 

ウォーキングやジョギング、サイクリングやスイミングなどの軽めの有酸素運動でOKです。有酸素運動は、からだの中にたくさんの酸素を取り込むこととなり、カロリーをエネルギーとして燃やして消費する、また内臓脂肪を燃やして減らすためにはたくさんの酸素を必要とするので、有酸素運動は正にうってつけの運動となるのです。

 

また、「かまえて有酸素運動をする時間がなかなかとれない!…」といった人なら、通勤の帰りなど1つ手前の駅で降りて歩くようにする、駅からバスに乗って帰っていたなら徒歩で帰る、あるいは電車通勤から自転車通勤に代える、などなど、日常生活の中でちょっとした工夫をすれば有酸素運動に取り組むのと同じ効果が得られるのです。

 

さらに、家事や育児で忙しい女性なら、ベランダでの布団干しを毎日する、風呂掃除を毎日する、掃除のときは少し丁寧にやる、など、日々の家事の中で少しでも運動量を上げられるような工夫をすればOKなのです。


このページの先頭へ戻る